私の絵の描き方


絵を描くのに、色々技術を身につけたりするために学校に行くのが一般的ですが、最近では、学歴なくても独学で、さらりといい絵を描いている人をよく見かけます。

むしろ、そういう人のほうが、上手く描こうとする癖もなくいい絵を描いてたりします。子供はいい例です。

私は運良くいい先生(自由、心を大切にする)に恵まれていたかもしれません。もちろん変な先生にも出会いましたが、直感で即離れたりしてました。


私の絵の基本的な描き方は、


自分の奥の魂と繋がって描く” 


ことを重視しています。


ですので、準備に、結構時間かかるときあります。ソーシャルメディア断食有効です。

私の場合、人と会わないようにするのもいいみたいです。波が来るのを待つ感じでもあります。
もちろん、これらを意識しなくても、普通にやってる人もいるでしょう。

ある有名な画家は、ある大きい絵(10mくらい)を描き始めるのに一年かかったらしいです。色々プレッシャーがあったみたいです。アトリエに行っても何もしなかったりしたそう。。で、実質的には2,3日だけで描き上げたらしいです。

私もこのタイプ?なのでよくわかります。
よく、どれくらい描くのに時間かかったの?と言われると答えにくかったりします。実質10-20分でも、準備、他のこと(試行錯誤など)に時間がかかったりしてますので。人によっては、その作品を描くのに、沢山失敗を経験し、一生かかった、と言う人もいます。

- 基本下書きはしません。
何となく色と素材が描く前に降りてきます。(最後にどうなるかは自分にもわかりません)


- 朝描く
何となく早起きして朝描くと、いい作品ができる気がします。


- 長く見つめる時間が必要な時がある
一発で決まるときもあれば、さらに描くのが必要な時があります。それは、絵と対話する感じで決めます。失敗したと思っても、後で見直したらめちゃ良かったり、成功したと思って、後でみたら全然だめてことは、よくある事です。

徹夜したりして、ダラダラ描くのはだめみたいです。疲れるし、エゴが邪魔しにきて、作品がダメなったりしますので要注意。
描くなら短期集中です。

たまには、自己アートセラピーとして、エゴを満たしてあげる時もありますが、それは寿命が短かったりします。→長く見てるとすぐ飽きたり、良くないことに気がつきます。


また何か思い出したら更新します。